マンション査定〜自分でできる?〜

私は単独で査定をすることができます。

不動産は、それがそれがいろいろな要因から収支を合わせるという理にかなった決定であるかどうかに関係なく、売り出し物件の価格が作るのが非常に難しいということです。
不動産鑑定人と呼ばれる国家資格取得があることは、そのためです。

通常、それが適当な価格決定であるかどうかに関係なく、私は同じレベルで近隣の物件を調べて、推測します。

しかし、土地で、便宜または環境のよしあし・道路の状態・地形のようなものはひとつとして同じではありません。
使用の程度に関しては/建物の価格のスケール/縮小、建物については多様です。
 

・公示価格

地価公示法に基づいて国土交通省土地鑑定委員会が毎年1月1日の価格を発表するもの。一般の土地の取引価格に指標を与え、公共用地の取得価格算定の基準となっている。

・相続税路線価

国税庁が相続税や贈与税算定の基礎にするため、毎年1月1日付で全国の市街化区域内の道路沿いに価格を付けています。これを通常路線価と言っていますが、公示価格に対し、8割程度の価格と言われています。

・固定資産評価額

固定資産評価額は国の固定資産評価基準で算定され、各市町村の固定資産台帳に登録されます。公示価格に対し、おおよそ7割と言われていますが、評価替えは3年ごとです。

仲介会社選び

マンションを売却するとき、私は不動産の仲介会社に査定(販売価格)を求めます。
多くの仲介会社があります。
最初は、納得できる不動産会社を見つけることから始めましょう。

マンションが訪問客に価値を評価したことを示すとき、私は高値を示します。
そして、訪問客から販売の委任をとろうとする行為があります。
私は働きだけの順序を受け入れます。

そして、それは私が「価格が高いので、後でそれを降ろします」とするとして、修正するのです。

これは、売り手に対して不誠実であると思います。

マンションが売れる価格だと言うことは、最終的にはマーケットが決めます。

お客さんが買ってくれるための適正価格を提示しなければ、賢明な消費者には通用しないです。

そのマンションの属性や周辺環境,管理状況等を考慮して査定します。

次に、仲介会社は新築分譲会社の系列会社ではなければならないと思わないですか?

そんな事は全然ないです。

またマンションの近くにある不動産会社では有利とも、不利になることもないです。

今から進行される手続きが柔らかくするため、ここは重要なステップです。

マンション売却・仲介会社

あなたが重要な資産であるマンション売却をしたいけれども、私が方法に従わなければならない所であなたがそれを理解しない限り、あなたは煩わせられませんか?

私は、その人のマンションの査定額が現在いくらがかかるかわかっていたいです。

しかし、あなたは私がどんな会社にマンション査定を求めたらいいか理解することなく困っていませんか?

販売例価格は、不動産会社の専用のために、データベースで蓄えられます。

私は、私がいつどんなに多くでも、条件つきでそれに近いあなたのマンションを売ることができたかについてわかっていることができます。
この文書がマンションが価値を査定したと決めるとき、私はとても役に立ちます。

市場でそれを本当に売ることができる価格は、あなたが予想する売却希望価格と異なることがありえます。

マンション査定取引事例比較法

マンション査定取引事例比較法は、最初にそれのマンションがいくらで売られるかについてわかっているために類似したマンションの売り買い例を知っているのに必要である仕事です。

取引事例比較法はいろいろな方法を含みます。
しかし、「中古マンションでできている不動産循環現代化センター財団が年代を示した価値法(中古マンション価格査定マニュアル)」が通常、使われます。


流れは、以下の通りです。

1.私は、本当に、売買されたマンション(私は、これを例マンションと呼びます)を探します。それがあるとき、可能であるように、最近の買いと売ることは記事で同等を例示します、査定が正確に場合によることは可能です。

2.私は独占的な所有域によって「例マンション」のお金の売却総額を分けて、平方メートルにつき価格単価を計算します。(価格単価 = 事例マンションの売却価格 ÷ 専有面積・平米)

3.例による多くの状況のマンションとあなたのマンション(この「査定マンション」を呼びます)は、それとそれをそれであると判断する裁判官を比較します。

4.私は最後に数を特定の計算タイプに適用して、査定された値を計算します。


それがざっと言うならば、私は前もって確立される多くの状況に基づく例マンションとの違いを査定します、そして、私が価格差に到達すると言うことは方法です。

私が劣っていて、計算される適正価格であるとき、私は優れた項目のまわりに一定の比率だけを査定された価値上げて、価格を下げます。

本物の査定部材は、23の項目を備えています。メイン項目は以下の通りです。

・交通の便
・周辺環境
・土地権利
・築年数
・室内の品質
・共有部分の品質
・階数
・向きと日当たり
・維持管理状態
・管理組合
・大規模修繕
・市場流通性


それが本当にあなたに項目を見させるならば、私がそれを理解して、それがアマチュアと一緒の事実であるそのもの物語たいへんそれの、それであると判断するのは難しい信用できる人である。プロに任せるのが早い。

しかし、私がほとんどこの査定方法を理解するならば私が円周のその人の隆起とマンションで売ることができた記事があるならば、私は価格から判断して、その人のマンションの適正価格の他の場所を握ることができます。

マンション査定

私がマンション査定について考えるとき、当然、中古マンションを売却することが目的になると思います。

しかし、もう一つの見解のために、それがマンション査定に通すマンションの見込み率になることはおよそ10%と呼ばれています。
そして、それは正しく激戦です。

私は、確かにマンション査定をします。
そして、それは現状とても相応な価格づけをしなければです。
中古マンションは、売りません。
私が中古マンションにここで売る人のために、そして、新しく購入する人のために、その人のマンション(すなわち、価格の要請の側)の査定を説明します。

最初は、それはマンション査定の方法です。
実際、不動産価格について、絶対の査定方法のものが、単独でありません。しかし、それから、3つの方法が、それを作られる専門家がそうであるマンションの価格を査定するために、使われます。


マンション査定の3つの方法

私は私が価格「査定」を計算すると叫びます。
しかし、不動産価格について、絶対の査定方法が単独でありません。
買い手が実際はお金を取り出して、購入価格は、正常な価格です。
真実を査定するあなたのマンション購入するのは、人です。
しかし、どうにか、売ることができる価格を予測することが2番目に推測しているので、専門家は苦労します。
私はざっと言います、そして、不動産の価格を査定する方法は3つの次の方法を含みます。

●収益還元法

●原価法

●取引事例比較法

これらのうち、私はそこの個人の住居使用のマンションにおける利益(それは使用料です、そして、テナントのものは料金を請求します)である不動産の価格を決定しているもので、収益還元法を使うことができません。

そのうえ、原価法は新しいマンション査定によって効果的であるが、中古マンションに不適当です。

したがって、中古マンションの査定のために、第3の取引事例比較法が、通常、よく使われます。

マンション売却はじめの一歩

私がマンション売却について考えたとき、最初は、私はマンション査定をします。

私は電話で査定のためにマンションの近くで不動産仲介人に尋ねて、インターネットさえ現在よい供給元を探すことができます。


マンション売却のラフな流れは、以下の通りです。

● マンション売却の計画を立てます

状況とマンション売却の希望が異なるので、不動産仲介人にそれを各々の人に残すことなく、よく売却の計画を立てましょう。

● マンションの査定をします

● マンションの売却契約を結んで、仮の売却価格を決定します: ↓

● 不動産仲介人は、売物のあなたのマンションを建てます: ↓

● マンションの買い手登場! 

私は売買契約を結んで、マンションを売ります

マンションから移って、物件を手渡します。残される価格金を受けます。

ところで、各々これに注意しなければならない点が、あります。

マンションの査定

私が仲介会社にマンションの査定を要求するとき、私はマンションの近所の取引事例を調べます。
そして、交通状況またはマンションでぴったりの正面の制限された地帯の法律の規制と彼らが、駅からの距離で例えばある、スーパーマーケット、などの周辺環境は、異なるあらゆるマンションであって、マンションの不動産仲介人にはあるノウハウに基づいて、査定された価値を計算する状態を加えます。

ところで、不思議なことに、私が複数の不動産仲介人にマンションの査定を求めるとき、各々の良いマンション査定された価値が異なる現象はそれを置きます。

それが少しマンション売却の本当の意図であるので、私は私が高価なマンション査定を始めた不動産仲介人にそれを任せようとすることができるかどうか考えやすいです。

しかし、あなたがマンション売却を成功させたとき、あなたは静かにここで考えなければなりません。

経済が少し見上げたけれども、現在右肩上り坂の時代ではありません。
伴われることができるとき、マンションの買い手が、すぐに見つからなくて、マンション売却に関して、あまり楽観的で、より低くたとえ1で立っていた後の価格でも積極的である価格を売ることができない。
それは、特にそれであるかもしれません。

あなたは、単に高いマンションだけが価値とよいことを査定したと言っている不動産仲介人より、きちんと問題を指し示している不動産仲介人を選ばなければならないだけである。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。